読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この門をくぐる者は一切の希望を捨てよ

人生で一番幸せな買い物ってゼクシィじゃない???

君に届け被害者の会

この世に君に届け被害者がどれだけいるか考えたくもない。私の周りでは共学出身者でさえ被害を訴えているのに女子高出身の被害の甚大さは想像するのも恐ろしい。かくいう私も中学生の頃からの君に届けのファンのひとりであるが、中学、はたまた小学生の頃から少女漫画の英才教育を受けていたいわゆるオタク予備軍だった私は高校に入学したらきっと風早くんのような爽やかな王子様が迎えに来てくれると信じて疑わず、一時期は学力レベルを下げてまで共学へ進学しようとしていたぐらいだ。(しなくて良かった)

結局私は女子校へ進学したのだが(公立なのでお嬢様といった訳では無い)、もちろん風早くんのような男子、と言うかそもそも男子がいなかったわけだが、はもちろん存在せず、しかし女子校という特殊な環境のせいでほかの高校には絶対に風早くんがいると信じて疑わない節があった。もちろん共学にも風早くんはいないのだが、それを理解するのは3年後、大学に進学してからである。

当時私が中学生だった頃、君に届けの時間軸ではちょうどコミックスでいう12巻とかそのへんの爽子と風早が付き合うか付き合わないかのクライマックスだった。当時の同級生の女子はみんな今月発売の別冊マーガレットを心待ちにしていたし、私が新刊を買ってくるとたちまち貸してコールが鳴り響いた。

なぜこんなにも素晴らしく人気のある作品なのに被害者の会が存在するのかと言うと、前述したとおり風早くんなんてこの世に存在しないからだ。

風早くんはイケメンで運動神経もよく、みんなの人気者であるにも関わらず、人を見た目で判断せず、悪を憎み弱きを助ける完全無欠のスーパー高校生であり、見た目が貞子の爽子に一目惚れし、1年の両片想い期間を経て晴れてゴールインするわけだが読者の女子中高生はもちろん風早くんに恋をする。風早くんは2次元であるから3次元である私たちは風早くんと触れ合うことが出来ないから3次元の男子にそれを求める。というかそういうものだと思ってしまう。馬鹿だよなぁ人は見た目が9割って偉い人が言ってたじゃあないか。幸せの前提は金があることだし美人とブサイクのカップルは存在してもブスとイケメンのカップルは存在しないんだよ(当社調べ)。

さてさて、愚痴とも何ともつかないことを永遠と述べてしまっていたが何が言いたいかと言うと、君に届けは素晴らしい胸きゅん少女漫画であるが、決してそれを現実に当てはめてはいけないということだ。当てはめて永遠と来るはずもない風早くんを待ち続けて気づいたら30なんて笑えないのである。見た目がタイプではない人に人は恋愛対象としての感情を抱かないのである。そりゃあ中身が素晴らしければ後々そういう関係になるこどあるだろうがまず第一関門である見た目の一次審査を合格しないことには何も始まらない。爽子のような自然体でいたら風早くんと両思いになれましたなんて奇跡はまず無いのである。私がそんな簡単なことに気づくまで、何年もかかってしまったので皆さんもどうか漫画と現実を混同なさらぬよう…現実は想像以上にブスに厳しい。